スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたはうつ病をどう感じますか?

私がうつ病を発症してから、もう2年ちかくになります。
今では、成人の15人に1人が「うつ」を経験しているといわれ、自殺者は年間3万人を超えています。
自殺者のうちの7割の方がうつ病とされています。

うつ病は必ず治る病気です。
気づくのが早ければ早いほど治りやすいのです。

以下の質問を、「はい」か「いいえ」でチェックしてください。

●朝起きたとき気分がすぐれませんか?
●夕方や休日になると気分が楽になりますか?
●新聞やテレビを見る気にならないですか?
●服装に気を使うのがめんどうですか?
●仕事に取りかかるのがおっくうですか?
●決断が鈍くなりましたか?
●仕事の処理にいつもより時間がかかりますか?
●何となく不安で、いらいらしますか?
●最近食欲が落ちましたか?
●最近性欲が落ちましたか?
●最近自信がなくなりましたか?
●いっそ死にたいと思うことがありますか?
●最近涙もろくなりましたか?
●できれば人と話したくないですか?

はい」の回答が多い人は要注意です!
早めに専門家の相談を受けましょう。
(ちなみに、私が発症したときには、「いっそ死にたい…」以外の全ての項目が「はい」の状態でした)

精神科」や「心療内科」というと、気が引ける方が多いと思いますが、
楽な気持ちでお近くの病院で受診してください。

うつ病になる人は、まじめで一生懸命、責任感が強く何事もがんばり過ぎてしまう、そんな人がかかる病気とされていましたが、最近では誰でもどなたでもかかる病気になってきています。

私には関係ない。『うつ』なんて気持ちしだいでしょ!」と思っている方、いらっしゃいますか?

そんなあなたもうつ病になる可能性は十分にあるのですよ。

スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

コメント

はじめまして

はじめまして、こんにちは。
誰でも落ち込んだり悩んだりすることはあると思いますが、それだけではうつ病にはならないと思います。もっと深い何か原因があるはず。それを取り除いていくことがうつ病解決の道だと、私は捉えています。
どうぞ、私に出来ることがあればご相談いただきたいです。

はじめまして

立ち上げたばかりのブログにコメントありがとうございます!

そうですね。
「深い何か原因がある」…確かにその通りだと思います。

問題なのは、なかなか取り除けない原因の場合だと思います。
例えば、性格からくるものなんかでしょうか…
直そうと思って直せればうつ病にはならないでしょうから…

私も、「何かがいつもと違う」と思っていた最中、あるテレビを見てぼろぼろ泣き出したんです。確かに泣けるような内容だったのですが、泣き方が尋常じゃなかったので、それで精神科を受診することを決意しました。
今思うと、もっと早く受信すべきだったと思っています。
そしたらこんなにこじれなかったかも…

サッコさん、コメントありがとうございます。

サッコさんの場合、産後というのが大きな原因なのでしょうね…
参考:http://baby.goo.ne.jp/member/ninshin/mentalcare/2/

私の妻も、こういう時期がありました。
この時期はご家族、特にご主人の理解や協力が必要だと思います。
(そういう私も仕事が忙しくてなかなか妻をかまってやれませんでした…)

天気のいい日には、公園なんかで太陽の光をいっぱい浴びるといいかも知れませんね!

同感ですね。
誰でも可能性アリだと思います。

こんばんは。
メンタルヘルスケアは、大変興味のある問題で、
私自身は、今後自分の仕事の中で
職場のパワハラと、メンタルヘルスとの因果関係を
法律的な視点から解決していきたいなと思っています。
とても、参考になります。
今後ともよろしくお願いします。

す、スゴイ!!

ブログ立ち上げて、もうランキング4位ですね。
かなり驚きです。
その調子で、うつも治ればいいですね^^


うつ病生活24時
stars
http://utudayo.com/

コメントありがとうございます!

>おじさん(ruojisan)さん
私もなる前は「私は関係ない」派でしたから…

>kind_wakkyさん
私の業界はパワハラは多いと思います。
職場の環境が早く帰れない感じなんです。
「今日、徹夜してください。」みたいなのが、横行してますから…

>starsさん
皆さんのおかげです!
この調子で、早く治したいですネ。

うつについて

はじめまして。

昔・・・・
近しい人がうつになり
凄く勉強しました。沢山の本を読みあさり
なんとか理解しようとしました。なんとか治療してもらおうと努力してみました。

ただ、そのときに住んでいた地域が田舎で
私以外の親族は「精神科」に対しての拒否反応が凄くて・・・・力不足。

もっとたくさんの人にうつという病気を理解してほしい。
強く思います。まだまだ偏見があるそんな病気。
でもいつでも誰でもかかる可能性のある 病気なんですよねぇ・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あやっちさん、コメントありがとうございます。

私も自分がなるまでは、偏見がありました。
「気の持ちようだ」と思っていました。

まったく違います!
自分で心がコントロールできなくなりました。

もっとたくさんの人にうつという病気を理解してほしい。
心からそう思います。

はじめまして

質問やってみました!半分が、はい、になりました~
しかも…
下から3つ目の質問も、はい、になりました(汗)

ひろゆみさん、コメントありがとうございます。

気をつけないと、大変なことになりますよ~

なんて、怖がらせるつもりはないですが
質問項目の状態が毎日、一日中でなければ
そんなに神経質にならなくても大丈夫だと思います。

>下から3つ目の質問も…

そんなこと言って、私を怖がらせないでください。

こんにちは。
この質問項目私も「はい」
が多いのですが、
生まれた時からです。
それはどうなんでしょう??
涙もろいのも毎回です。

miomioさん、コメントありがとうございます。

>生まれた時からです。

う~~~~ん。

以前の自分と比べて「はい」が多ければ気をつけた方がいいですよ。
と、いうことなんですが…

生まれつきということは
その状態が普通ということでしょうから
確かにそういった方は自分の精神状態をどう判断すればいいんでしょうね。

お医者さんに行くと、詳しいチェック項目があると思いますが…
最終的には診断する医師の判断になるのでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

世も末。

(´-ω-`)再度体調崩した(´-ω-`) <------------------------------------------------ 金(休)-終日就床 ↓ 土-内科通院-就床 ↓ 日-終日就床 ↓ 月(...
カテゴリー
プロフィール

HoneyCool

Author:HoneyCool
誕生日:1975年2月18日
家族:妻と子供2人の4人
職業:ゲームプログラマー
うつ病で休職後、転職。
仕事ができず苦しむ毎日。
現在、4度目の休職中。

アクセスカウンタ
ご来場ありがとうございます

現在の閲覧者数
since 2008.1.7
新着記事
コメントうれしいです
ブログ内検索
過去ログ
お友達になりましょう

この人とブロともになる

フリーエリア
新着トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。