スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたはうつ病をどう感じますか?

私がうつ病を発症してから、もう2年ちかくになります。
今では、成人の15人に1人が「うつ」を経験しているといわれ、自殺者は年間3万人を超えています。
自殺者のうちの7割の方がうつ病とされています。

うつ病は必ず治る病気です。
気づくのが早ければ早いほど治りやすいのです。

以下の質問を、「はい」か「いいえ」でチェックしてください。

●朝起きたとき気分がすぐれませんか?
●夕方や休日になると気分が楽になりますか?
●新聞やテレビを見る気にならないですか?
●服装に気を使うのがめんどうですか?
●仕事に取りかかるのがおっくうですか?
●決断が鈍くなりましたか?
●仕事の処理にいつもより時間がかかりますか?
●何となく不安で、いらいらしますか?
●最近食欲が落ちましたか?
●最近性欲が落ちましたか?
●最近自信がなくなりましたか?
●いっそ死にたいと思うことがありますか?
●最近涙もろくなりましたか?
●できれば人と話したくないですか?

はい」の回答が多い人は要注意です!
早めに専門家の相談を受けましょう。
(ちなみに、私が発症したときには、「いっそ死にたい…」以外の全ての項目が「はい」の状態でした)

精神科」や「心療内科」というと、気が引ける方が多いと思いますが、
楽な気持ちでお近くの病院で受診してください。

うつ病になる人は、まじめで一生懸命、責任感が強く何事もがんばり過ぎてしまう、そんな人がかかる病気とされていましたが、最近では誰でもどなたでもかかる病気になってきています。

私には関係ない。『うつ』なんて気持ちしだいでしょ!」と思っている方、いらっしゃいますか?

そんなあなたもうつ病になる可能性は十分にあるのですよ。

スポンサーサイト

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル : 心と身体

カテゴリー
プロフィール

HoneyCool

Author:HoneyCool
誕生日:1975年2月18日
家族:妻と子供2人の4人
職業:ゲームプログラマー
うつ病で休職後、転職。
仕事ができず苦しむ毎日。
現在、4度目の休職中。

アクセスカウンタ
ご来場ありがとうございます

現在の閲覧者数
since 2008.1.7
新着記事
コメントうれしいです
ブログ内検索
過去ログ
お友達になりましょう

この人とブロともになる

フリーエリア
新着トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。